Def Tech x RED CROSS

今回、日本赤十字社のCM映像を見て、率直に胸を打たれました。
その後、このCMに登場している人たちが実際に現場で活躍しているということを聞き、
彼らの頼もしい姿、またその陰の労苦に光が当たるようにとの思いで今回の音楽の制作にあたりました。

After the Great Eastern Japan Earthquake last year, there was a lot of news about giving to those in need.
Many people were helped by the much needed medical aid, volunteers and relief supplies.
Moreover,we've learned that this support was extended not just for the crisis period
but throughout the entire reconstruction of the earthquake.
We've also heard that the Japanese Red Cross Society offers domestic
and international aid to people in times of crisis and also provides support
for people suffering from diseases on a routine basis.

それらの活動が、僕たちの寄付によって成り立っている事を僕は初めて知りました。
日常のサポートは普段僕らの目に見えにくいものだけど、安心して生活していく上ですごく重要なもの。
日本赤十字社のみなさんの常日頃の活動、現場で実際に働いている方々に深く感謝しています。
いまこそみんなで手を取り合ってプラスの連鎖を生み出して行けたら。

Bolero

Bolero

Lyrics: Def Tech
Music & Arrangement: Def Tech, Nobuaki Kaneko, Hamuro, Nagacho

Def Techの新曲。2012年度赤十字運動TVCM曲として制作された金子ノブアキらとの共作曲。RIZEのドラマーで盟友の金子ノブアキとセッションを行い、見事なドラムロールがきっかけとなって曲が生まれた。「このドラムロール・・・何かが始まる感じがする」と、Def Techのふたりはインスパイアされた。Shenの美しいメロディーをきっかけにMicroへとバトンが渡される。「音楽で人を幸せに出来るのか?」「世界を変えることが出来るのか?」ShenとMicroは自分たちへ問いかけながら、この曲の歌詞を書き上げていった。コーラスパートでは金子もヴォーカルを録音。見事なオーケストレーションへと発展し曲は完成した。
「ボレロ」とは18世紀頃に生まれたスペインの民族舞踏・舞曲を言う。幼い頃にマーチングバンドに参加していたMicroは、ドラムロールを聴いた時にタイトルが浮かんだという。

Only on iTunes Store 150yen

2012年度 赤十字運動広報TVCMタイアップソング

Def Tech Official Web Site 日本赤十字社
COPYRIGHT© 2012 EUNTALK & JAPANESE RED CROSS SOCIETY ALL RIGHTS RESEVED.